node.jsでgoogle apiを利用する

node.jsにもGoogle APIを使用するためモジュールが用意されています。

参考:google/google-api-nodejs-client

インストールは、npmから行います。

$ npm install googleapis

次の例はGoogle+のユーザIDから名前を取得しています。

var googleapis = require('googleapis');

var API_KEY='XXXX';
var id = '109544372058574620997';

googleapis
  .discover('plus', 'v1')
    .execute(function(err, client) {
      var request1 = client.plus.people.get({ userId: id })
          .withApiKey(API_KEY);

      request1.execute(function(err, result) {
        console.log("Result: " + (err ? err.message : result.displayName));
      });
    });

最初にrequireでモジュールをロードした後、Google APIs Discovery ServiceからAPIのメタデータをロードしてきます。そして、executeメソッドにコールバックを渡して実行します。コールバックの引数にクライアントが渡されるため、そこからリクエストを生成して、APIを実行します。
リクエストのexecuteメソッドにコールバックを渡し、コールバックの引数には実行結果が渡されます。

$ node getname.jp
Result: 渡辺美優紀

利用できるAPIについては、Google APIs Explorerで確認することが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする