「 node.js 」一覧

node.jsでgoogle apiを利用する

node.jsにもGoogle APIを使用するためモジュールが用意されています。

参考:google/google-api-nodejs-client

インストールは、npmから行います。

$ npm install googleapis

次の例はGoogle+のユーザIDから名前を取得しています。

var googleapis = require('googleapis');

var API_KEY='XXXX';
var id = '109544372058574620997';

googleapis
  .discover('plus', 'v1')
    .execute(function(err, client) {
      var request1 = client.plus.people.get({ userId: id })
          .withApiKey(API_KEY);

      request1.execute(function(err, result) {
        console.log("Result: " + (err ? err.message : result.displayName));
      });
    });

最初にrequireでモジュールをロードした後、Google APIs Discovery ServiceからAPIのメタデータをロードしてきます。そして、executeメソッドにコールバックを渡して実行します。コールバックの引数にクライアントが渡されるため、そこからリクエストを生成して、APIを実行します。
リクエストのexecuteメソッドにコールバックを渡し、コールバックの引数には実行結果が渡されます。

$ node getname.jp
Result: 渡辺美優紀

利用できるAPIについては、Google APIs Explorerで確認することが出来ます。


nvmで複数バージョンのnode.jsを利用する

最近はやりのnode.jsですが、まだまだ頻繁にバージョンアップが行われます。
毎回、makeして入れ直すのも面倒なので、nvmで手軽にバージョンを切り替えられるようにします。

nvmのインストールはgitで行います。

$ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm

そして、nvm.shをsourceで読み込めば完了です。

$ source ~/.nvm/nvm.sh

nvmからnode.jsの特定のバージョンをインストールします。
今回は最新のv0.10.25と一つ前のv0.10.24をインストールします。

$ nvm install v0.10.25
$ nvm install v0.10.24

インストールされたバージョンの一覧は、lsコマンドで確認できます。

$ nvm ls
v0.10.24
v0.10.25
current: v0.10.25

この時点では、currentとしてv0.10.25が選ばれているため、useコマンドでv0.10.24に切り替えてみます。

$ node -v
v0.10.25
$ nvm use v0.10.24
Now using node v0.10.24
$ node -v
v0.10.24

このように、簡単に使用するnode.jsのバージョンを切り替えることが出来ます。
なお、この設定は別のシェルを起動すると消えてしまうので、.bash_profile等に以下のように記載して、毎回有効になるようにします。

source ~/.nvm/nvm.sh
nvm use v0.10.25 > /dev/null