radikoのエリアフリーを保存する方法

以前、radikoのタイムフリーを保存する方法を書きましたが、今回はエリアフリー対応版です。

radikoのタイムフリーを保存する方法
先日、MacBookのOSをクリーンインストールした際、それまでradikoのタイムフリーの保存に使っていたradikoroの最新版がタイム...

基本的な手順は同じですが、異なるのは最初にログイン処理を行ってCookieをローカルに保存し、以降はそのCookieを送信する点です。

環境

OS: Mac OS High Sierra
必要なソフト:swftools、ffmpeg (Homebrewより導入)

事前準備

myplayer-release.swfのダウンロード

認証のための事前準備としてswfファイルをダウンロードする

$ curl -O http://radiko.jp/apps/js/flash/myplayer-release.swf

swfファイルから画像ファイルを取り出す

認証にキーとなる画像ファイルをswfextractで取り出す

$ swfextract myplayer-release.swf -b 12 -o authkey.png
$ ls authkey.png
authkey.png

実行

ログイン処理

エリアフリーの番組を保存する場合、この手順が必要になります。

最後のmailとpassにプレミア会員登録しているメールアドレスとパスワードを設定します。

$ curl -c cookie.txt 'https://radiko.jp/ap/member/login/login' \
-XPOST \
-H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \
-H 'Referer: http://radiko.jp/' \
-H 'Pragma: no-cache' \
-H 'User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_12_4) AppleWebKit/603.1.30 (KHTML, like Gecko) Version/10.1 Safari/603.1.30' \
-H 'X-Radiko-Device: pc' \
-H 'X-Radiko-App-Version: 4.0.0' \
-H 'X-Radiko-User: test-stream' \
-H 'X-Radiko-App: pc_ts' \
--data 'mail=aaaa@example.com&pass=password'

実行すると、cookie.txtにクッキーが保存されます。

以降のcurlコマンドではこのファイルを-bオプションで指定します。

認証1

認証1のURLにアクセスし、HTTPのレスポンスヘッダーから以下の3つの値を取得する

・X-Radiko-AuthToken
・X-Radiko-KeyLength
・X-Radiko-KeyOffset

$ curl -b cookie.txt 'https://radiko.jp/v2/api/auth1_fms' \
> -XPOST \
> -H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \
> -H 'Referer: http://radiko.jp/' \
> -H 'Pragma: no-cache' \
> -H 'Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1 Safari/605.1.15' \
> -H 'X-Radiko-Device: pc' \
> -H 'X-Radiko-App-Version: 4.0.0' \
> -H 'X-Radiko-User: test-stream' \
> -H 'X-Radiko-App: pc_ts' \
> --data $'\r\n'
X-Radiko-AppType=pc
X-Radiko-AppType2=pc
X-Radiko-AuthToken=AJReLqXV-Oo4ymYpgRlhow
X-Radiko-AuthWait=0
X-Radiko-Delay=15
X-Radiko-KeyLength=16
X-Radiko-KeyOffset=121394

please send a part of key

事前準備でダウンロードしたキーとなる画像ファイルから、X-Radiko-KeyOffsetがオフセット、X-Radiko-KeyLengthが長さとなるデータを抽出する。

UNIXのddコマンドを使って抽出する。なお、抽出したデータはBase64で文字列に変換する。

$ dd if=authkey.png ibs=1 skip=121394 count=16 | base64
16+0 records in
0+1 records out
16 bytes transferred in 0.000669 secs (23916 bytes/sec)
kwMYHYGpTwcgn8OlMjBjyQ==

「kwMYHYGpTwcgn8OlMjBjyQ==」が認証2で使うParticalkeyとなる

認証2

認証2のURLに対して、AuthTokenとParticalkeyをPOSTする

curl -b cookie.txt 'https://radiko.jp/v2/api/auth2_fms' \
-XPOST \
-H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \
-H 'Referer: http://radiko.jp/' \
-H 'Pragma: no-cache' \
-H 'Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1 Safari/605.1.15' \
-H 'X-Radiko-Device: pc' \
-H 'X-Radiko-Authtoken: AJReLqXV-Oo4ymYpgRlhow' \
-H 'X-Radiko-App-Version: 4.0.0' \
-H 'X-Radiko-User: test-stream' \
-H 'X-Radiko-Partialkey: kwMYHYGpTwcgn8OlMjBjyQ==' \
-H 'X-Radiko-App: pc_ts'

JP13,東京都,tokyo Japan

応答として地域の情報が帰ってくると認証は成功。

プレイリストの取得と音声の保存

プレイリスト取得用のURL(https://radiko.jp/v2/api/ts/playlist.m3u8)に対して、クエリとして放送局IDと開始、終了時間を指定してするとプレイリストを取得できます。

なお、lというクエリには15を指定するらしいのですが、意味は不明です。

放送局IDについてはググると出てくると思います。

curl -b cookie.txt 'https://radiko.jp/v2/api/ts/playlist.m3u8?station_id=MBS&l=15&ft=20181013222500&to=20181013235500' \
-XPOST \
-H 'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded' \
-H 'Referer: http://radiko.jp/' \
-H 'Pragma: no-cache' \
-H 'User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1 Safari/605.1.15' \
-H 'X-Radiko-Authtoken: AJReLqXV-Oo4ymYpgRlhow' \
--data 'flash=1'

#EXTM3U
#EXT-X-VERSION:3
#EXT-X-STREAM-INF:PROGRAM-ID=1,BANDWIDTH=52973,CODECS="mp4a.40.5"
https://radiko.jp/v2/api/ts/chunklist/GTgzFQEx.m3u8

これをffmpegの引数として渡すことで、音声の保存が可能です。

なお、ffmpegの実行時はCookieを送信する必要はありません。

ffmpeg \
> -content_type 'application/x-www-form-urlencoded' \
> -headers 'Referer: http://radiko.jp/' \
> -headers 'Pragma: no-cache' \
> -headers 'X-Radiko-AuthToken: AJReLqXV-Oo4ymYpgRlhow' \
-user_agent 'User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_13_4) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/11.1 Safari/605.1.15' \
> -i 'https://radiko.jp/v2/api/ts/chunklist/GTgzFQEx.m3u8' \
> -vn -acodec copy -bsf aac_adtstoasc out.m4a

iTunes等で聴けるように、ffmpegのオプションでm4a形式で保存するようにしています。

まとめ

以上の手順によってradikoのエリアフリーを保存することが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする