Windowsのリモートデスクトップで別セッションに切り換える

Windowsのリモートデスクトップで複数セッションを使っていた場合、コマンドでセッションを切り換えたい場合がある。

手順

最初に接続中のセッション一覧を確認する。query sessionというコマンドを使用する。

C:\Users\Administrator>query session
 セッション名      ユーザー名               ID  状態    種類        デバイス
 services                                    0  Disc
 console                                     1  Conn
>rdp-tcp#1         Administrator             2  Active  rdpwd
 rdp-tcp#0         Administrator             3  Active  rdpwd
 rdp-tcp                                 65536  Listen

この場合、今接続しているセッションが rdp-tcp#1 で、別セッションがrdp-tcp#2。
rdp-tcp#2に切り換えたい場合は、tsconコマンドでセッションのIDを指定する。
rdp-tcp#2はIDが3なので

C:\Users\Administrator>tscon 3

とすると、セッションが切り変わる。再接続しなくても切り替わるので結構便利。

Technet
query session
Tscon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする